20代の転職レポートまとめ|希望条件に妥協なし!

*

人事担当者はここを見ている!

1、前職での仕事についての質問の意図

スキルや実績などのキャリアがまだあまりない20代の方が、面接で必ず訊かれる質問が幾つかあります。例えば「前職での仕事上の実績や成功などを教えて下さい」と言う質問の意図は、人事担当者も20代であれば仕事上の大きな実績や成功などはないことは知っています。その上で人事担当者がこのように質問するのは、その人がどれくらい真剣に仕事に取り組んでいるかを知るためです。

もし「まだ経験が浅いため仕事上の、実績や成功などありません」と答えると、人事担当者は仕事に対する姿勢を低評価します。例え仕事上の実績や成功などなくても、真摯に仕事に取り組んだ経験を体験を話し、それを採用されたならば活かしていきたいと答えるべきです。この質問とは反対に「仕事上で失敗をしたことがありますか?」と訊かれることがありますが、質問の意図はその失敗をどのように克服したかを知るためです。

2、20代で転職歴が多い場合の答え方

20代で転職した回数が多いと「転職回数が多いようですが、どんな理由からですか?」と訊かれると、どのように受け答えしていいのか困ります。これは実は書類審査に通過しているわけで、人事担当者は当然ですがあなたの転職歴のことは知っています。つまりあなたの口から、納得できる回答を得たいのです。せっかく採用してもまた辞められるのだけは、避けたいのがこの質問の真意です。

転職回数が多い20代を面接するのは、書類審査でその人に可能性を感じるからです。人事担当者も面接をして改めてその人に魅力を感じるか、転職を繰り返すのも当然だと思われるかどちらかです。そのため転職歴が多い方がこの質問をされた際には、誠意を持って冷静に転職の理由を説明し、今の仕事に対する自分の考え方を述べるようにします。

ここがポイント!

  • 前職でのスキルや実績には必ず回答を用意しておく
  • 仕事上での失敗についての質問は克服の方法を聞きたいのだと認識する
  • 転職歴が多い人は人事担当者を納得させるような転職の理由を説明する
  • 仕事に対して真摯的に取組むことができる姿をアピールする

まとめ

スキルや実績が浅い20代の場合、面接で人事担当者が知りたいのは、あなたを採用した場合のシュミレーションです。つまりもしあなたを採用した場合に困難にどう対応していくかなどを、人事担当者は自分の頭の中でシュミレーションしているのです。面接で採用されるためには、人事担当者の質問の意図や真意を理解することです。もし面接に不安があるのであれば人材紹介会社が運営する、就職サイトに登録されることをお勧めします。就職サイトの担当者が企業の人事担当者に代わって擬似面接を行ってくれたり、面接セミナーなども全て無料で受けることができます。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
会員登録者は406万人以上でみんなが使っている定番の転職サイト


公開日:
最終更新日:2015/03/11